同じく20日(土) 高校野球の北信越大会が新潟で開催されました。

準決勝に勝つと春の選抜に大きく近づく、大事な一戦にいってきました。監督が交代して新体制で2季連続に臨んだ明訓高校ですが、残念ながらあと一歩及ばず、福井県 春江工業に敗退しました。明訓高校のピッチャー村山君。私も非常にお世話になっている十日町南中 松井先生の教え子で、この秋1年生ながら堂々たるピッチングを見せてくれました。大会前、新体制になったことから、「地に足をつけて」と新監督が仰っていましたが、まさにどんな時でも「地に足がついてる」感じでした。焦らず、ゆっくりと成長していって欲しいと思います!

そして再試合で残念ながら敗退した県央工業高校。2枚看板が揃って最上級生になるこの代で何とかという思いを感じるゲームでした。来年の夏に期待です!

A担当