横浜ベイスターズの大西宏明選手がようやく一軍に昇格し、早速のスタメンで2安打と活躍をしました。

昨日のスポーツ新聞では、「不振のテコ入れとして、ベテラン佐伯、大西を一軍に昇格。」

もう、ベテランって言われるんやね。そりゃ~、18歳の筒ゴンと一緒にプレーしてるんやからな~。

監督が変わると、使われる選手も変わります。ボーダーラインの選手にとっては、死活問題。
開幕直ぐにケガのため2軍に落ちて、直り次第上がるのかと思っていたら、上がるのは他の選手ばかりで焦る気持ちがあったと思います。

中学の野球に携わり、長年見ていますが、勝負強い選手。実は大事な所で力を出せない選手。けっこう顕著にあります。

これ、その先でもほとんど変わりません。大西君はこれが凄かった。。。

中学1年生に入部して初めての打席。性格の嫌らしい当時の指揮官(私ですね。)は、1学年上のジュニアの大会の強豪チームとの初戦で起用しました。

「ちょっと小学校の時にええからって、なかなか中学はレベルが違うぞ。」なんて、そんなつもりでした。

初球に相手投手(今も社会人野球でプレーしている選手。)が、投げた変化球を、、、、、

「カキ~ン」 いや、「キャキーーーーン」 ピッチャー返しのセンター前ヒットを打ちました。
また、ファーストベースまで走る姿が、、、「 当然よ! 」って感じなわけです。

「この子はプロに行くな~。」

あれから18年ほど経って今はベテランと言われるようになりました。
でも勝負強さは健在です。
ひょっとして、自分の野球人生の終盤を感じながらこれからプレーするのかも知れません。
そうなった時の「勝負強さ」を今後見せて欲しいものです。