仕事をしながら、野球チームに関わりながら、忘れてはいけない、肝に命じておかなくてはと痛感していること。

『わかった?!なんて思えない』

ドミニカ共和国でいつもお世話になっているドジャースアカデミーのコーチ、アントニオ・バウティスタ氏のコメントはとても重くて深みがあります。

『もし、指導者の誰かが、「俺は野球をよく知っている。」と、言ったら、それはむしろわかっていない証拠だ。常に変化を追究し、常に学ぶ姿勢がなければ本当の指導者とは言えない。』

色々なことに共通する事柄だと思う。

経験論で判断しがちな年代、立場になって、むしろ自覚が必要だと感じるこの頃です・・・。