先週末に「上越国際トレイルフェス」に参加してきました。トレイルランニングのイベントに参加するのは今回初めてだったのですが、改めて過酷な運動の時に「着るべき服」ということを体感するためにも思い切って35㎞にエントリーしました!

スタートが朝の6:30で気温は6℃ほど。ものすごく寒い中スタートしましたが、さすが山道だけあって10分もすれば直ぐに汗をかいてきました。この日は快晴で日が上がるごとに少しずつ気温は上がって、おそらく9時頃には15℃くらいまでになったと思います。その頃には私もう汗だくですが、山頂付近にいくとまた外気温は10℃以下に・・・ちらほら雪も積もっているほど・・・

めまぐるしく気温が変わる環境の中、常に身体を動かし続けて汗をかいているので、「寒い時には汗冷えする」「暑い時にはベタつく」という現象に悩まされるかな?と思いきや、やはりハイグレーターは良かった!特に山頂付近での寒さに対する汗冷え感の無さには思わず「さすが!」と感じながら走りました。(歩きました・・・)

普段の生活や野球をしている時は、一度天候や気温の状況を把握したらその状況はあまり変わることがありません。なので中々汗をかき続けて更に気温が変化するという状況にはなりにくく、本当の「体感」という意味では良い経験をしたなと思います。もちろん、元々素材自体の着心地が良い、軽い、安心感があるという意味でもお勧めですので、是非皆さんも試してみて頂ければと思います。

6時間54分 最終ランナーでゴールしたA担当でした。