ロサンゼルスドジャースに所属する黒田博樹投手が今日のヒューストンアストロズ戦で勝利投手になり、今シーズン5勝目をあげました。

黒田選手はONYONE DPスタッフとして、長年サポートさせてもらっています。縁あって、インターネットでのサイトも当社で運営、管理を行っております。(さすがにメジャーに入ってからは更新が鈍っていますが・・・。)
また、私のお世話になっているドジャース小島圭市スカウトが高評価の上、ドジャースに獲得した選手でもあります。

黒田選手は上宮高校の出身。その当時の監督さんは田中秀昌監督(現東大阪大柏原高校監督)

上宮高校では控えの投手だったこともあり、田中先生は「ホンマ、信じられへんわ~。」と、仰います。

専修大学で素質が開花し、広島カープに当時の自由枠(2順目)で入団。しかし、同年で1順目指名された澤崎投手の方が脚光を浴びる存在でした。

初めて二桁勝利を挙げたのが入団5年目の2001年、27歳の時でした。2003年から5年連続開幕投手を務め、カープのエースとして活躍し、2008年ドジャースに入団しました。
ドジャースでは2年間ケガでの離脱はありましたが、2年間で17勝の成績を残しています。

日本ではイチロー、松井秀喜、松坂大輔の報道が多く、あまり取り上げられていませんが、堂々たる戦績だと思います。

日本では高校野球がたいそう盛んで、若い年齢からマスコミにスター扱いをされる傾向が多くありますが、
いかがなものでしょうか?

黒田選手のような成功例もあるわけですから、指導する側はじっくりと「育成」をして欲しいものです。

今年は日本の多くのメジャーリーガーが苦戦を余儀なくされています。厳しい戦いなのでしょう。

3年契約最後の年にどんな活躍をするのか、楽しみです。