今日は大変お世話になっている視覚情報センターの田村知則先生のオフィスにお邪魔しました。

いつもながらなのですが、特別な用事があるわけでもないのに、お話を聞かせてもらいに伺うのがここ数年の習慣です。

田村先生は「眼」を切り口に仕事をされているのですが、早い話眼を見たら、性格そのものがわかる方なのです。 http://www.shikaku-joho.jp/
(私の知る「凄い人」は、言葉での表現が簡単ではないのが悩みです。。。)

いつの間にか話を引き出し、「眼」を入口に、心理の奥まで突っ込んだ話をされる。
勉強になります。

人の話を引き出す。気分を悪くさせず、巧い表現でそれぞれの悩みの行く先を誘導してあげる。
マジシャンのようです。

今までも色々なアスリートが門を叩いています。引き寄せられているのでしょう。

今日も引き寄せられました。。。迷惑かな?