全国各地で夏の選手権大会予選が展開されています。

色々とお世話になっている学校の応援に行きたいのですが、人数に限りがある私共は全てに行くことは到底無理なので、出来る範囲で球場に足を運ぶようにしています。

昨日は東東京大会5回戦、総合工科高校の試合にうかがいました。総合工科を率いる有馬信夫監督は東京の都立高校では有名な方です。
前々校の都立城東高校を甲子園に導き、その後の保谷高校でも私学の強豪校を何度となく苦しめた実績を持ちます。
総合工科高校(前世田谷工業)に転勤されて3年目ですが、昨年から監督に就任され臨んだ試合でした。

結果は残念ながら延長戦の末敗れましたが、早くも5回戦進出なので今後が楽しみです。

今日の試合もそうですが、やはり有馬先生からは「氣」が出ているように思えました。「やる気」「元気」「勇気」の気です。
技術論はゆっくりとお話した事がないですが(すみません。)、先生から発せられる「エネルギー」が部員を呼び、活気を生み、生徒を「その気」にさせるのでしょう。

プラスのエネルギーを発せられる方なので、そんな人に、色んな人やモノが集まります。

有馬先生もONYONEの古くからの理解者であり、愛好者です。ありがたい。
こんな素晴らしい方々にいつまでも支持されるメーカーであり、人でありたい。

これも尊敬する宇城憲治先生の言葉です。「磁石は磁力。人間は魅力。」

愛読する桜井章一さんの著書では「強い人には、人は寄ってくる。これは権力の強さではない。人としての優しさ、温かさがある人にである。」