好青年シリーズですが、長年のお付き合い、堺ビッグボーイズ出身の筒香嘉智君です。

201312 (53)

彼と出会ったのは、彼が12歳のときなので、もう10年になりますね。ふくよかなお腹周りで、あどけない、本当に可愛い少年でした。

横浜高校からドラフト1位で横浜ベイスターズ(現DeNA)に入団。今の立場になって、周囲の方から「中学の時から凄かったんでしょうね?」と、聞かれることが多いのですが、いやいや。

入部してからしばらくは、成長に伴う理由も含めて、ケガや痛みを訴えることが多く、試合には出場するも、目立った存在ではありませんでした。上級生の試合に出ることだけでなく、ベンチに入ったこともありません。

3年生になってからボチボチ活躍するようになり、周囲からは「あんな選手いたんか?」「どこかから移籍してきたのか?」と聞かれるほどでした。

年の離れた彼のお兄さんが、彼の送り迎いも含め、ケガをしがちな彼をチームと提携する矢田接骨院に連れて行き、身体のケア、今必要な体力作りの環境をサポートしてくれていたのも、今の彼を司る大きな要因だったと思います。

私が思うに、『努力を継続できる才能に長けた選手(人物)』だと。

色々なことを出来るようになるのに、実は器用ではなく、人より時間が掛かることが多い。しかし、あきらめることなく、じっくりじっくり積み重ねることによって身につける。回り道のようで、実はそうして身につくことが何より自分のものになっている。最近特にそう感じます。

プロに入ってここ2年は思うようにいかない成績でしたが、彼なりの「回り道」が、ぼちぼち成就するような気がしています。

当然ですが、礼儀正しく、しっかりとした好青年です。野球少年憧れの存在にきっとなってくれるでしょう。

気を遣って?ONYONEウエアーを着てくれています。とっても可愛い存在です。