1月16日 奈良県立桜井高校にて宇城憲治先生の講演会が開催されました。

集まった人数は900名を超えました。宇城先生の講演を何度も見ましたが、私の中では最大規模でした。

1000人だろうが、10000人だろうが、先生のお話、伝え方、「氣」の伝わり方は同様です。ほとんどが初めての方でしたが、そんなことはお構いなしです。

人間それぞれにある潜在的な「眼に見えない力」を、体感をもって実体験する。そして日本の歴史、伝統、文化を交えながら、礼儀作法からくる「姿勢」が大切であること。日常生活を疎かにしてはいけないこと。「心」の部分をのせて説明されます。まさに日本の閉塞感を吹き飛ばす勢いを感じさせられます。

進歩成長とは変化することである。変化することとは深さを知る事である。深さを知るとは謙虚になることである。

その意味をかみ締めなくてはと思った一日でした。いつもいつも「気付かされます。」