小島圭市さんについての続きです。

あれは7年前でした。とある大学で、小島さんはスカウトとして、私はメーカーとして伺った所で、そこの監督さんから紹介をされました。

高校時代に有名だったある投手がブルペンでピッチングをしている時に、監督さんから「小島君、気になる所があったら教えてやってよ。」の言葉に、「1回来ただけで、教えるなんて出来ませんよ。」と、やんわり断っていました。

投球は全然球が走らず、彼の表情は虚ろ気味。ピッチングフォームは見るからにギクシャクしていました。

「このピッチャー、高校の時はプロ注目選手ですよね?今の状態、可愛そうですね。」 私が聞くと、こう答えてくれました。

「注目されている選手ほど、色々な人が見に来て、指導して、好きなこと言って帰って行く。素材は楽しみでも
まだまだ学生は子供だから、難しいことはわからないし、出来ない。だからいい加減な指導はしてはいけないんですよ。」
「日本の野球は高校野球の甲子園もあるから、選手を長い眼で育てることをしなさ過ぎる。身体が出来ていない子供達に、結果を求めすぎですね。」

そうそう。投げすぎ、無理しすぎ、いじられすぎ。そうして、いい素材がダメになっていく。

「そのとおり!」

と、感じました。

私、有名、無名、関係なく、「凄い人」が好きで、「この人、ひょっとして凄いかも・・・。」と、嗅覚が反応しました。

想像通り、それ以上の方でした。今は堺ビッグボーイズの指導にも携わってもらっています。