高校野球の地方予選、昨年下級生投手で甲子園を湧かせた強豪校が、続々と敗退していますね。

彼らの野球での人生にとっては、早々に敗退することが良かったと思っている方もおられるのではと思います。

多くは活躍した大会後、身体に支障を来し、結局コンディションが戻らないまま、精彩を欠いて敗退するパターンのようでしたし。

これで休養したからといって、元通りになるとは決してならないのが本当に考えなければいけない点かと思います。

かと思えば、この時期に成長してきた選手が、またまたピックアップされて騒がれます。球速何キロとかいって・・・。

日本の高校球児は「球速」より、「休息」ですね。

「怪物」騒ぎはもうやめましょう。高校生ですから。