ONYONE本社で企画と販促を担当するA山君。ただいま入社8年が経過し、30歳です。

新卒で入社して直ぐに、野球担当を任されました。(=当社の担当=私の担当)

我ながら、今でこそおとなしくまりましたが?これが運のツキ。

怒られ、叱られ、怒鳴られ、どやされ、殴られ?毎日が、さぞ辛い日々だったはず。
わら人形ものだったかな?

こちらは血気盛んに、「何でわからへんねん!!」「何で言ってけ~へんねん!!!」
「おまえ、なめてんのか~~~!!!」殴られた方がましだったかも・・・・・。

今時の奴らはなっとらん!!!

自分が出来てたわけでもないのにね~。

昨年くらいから行動に変化が出だしました。人のために動くようになりました。損得抜きで行動するようになりました。部下への言葉遣いが優しくなりました。
ちょっとずつ、逃げないようになりました。自分の意見を言うようになりました。

その兆しを機会に、プロ選手の担当も任せるようにしました。同年代のアスリートから学べることが多いからです。

選手が彼を見て話すようになってきました。そんなもんです。

つくづく、人を育てるのは、人が育つのは、時間が掛かるものだと。それをじっくり見守り、助言し、後押ししてあげるのが上役の務めなんだなと。

一つの山を越えたのかも。でも、登れたと思った時こそが要注意。
なので、これからも厳しい眼で接したいと思います。ただし、怒鳴り声はもうなしで。

あきませんで!怒鳴ったら!(反省)